169の人生ワンダホー
アクセラスポーツと、アルファ155V6を中心にイタリア車との付き合い方をアーカイブ。 独断と偏見で、ワンダホーなクルマ・映画・音楽・モノと、ワンダホーな事柄をワンダホーに書き連ねる...。

■ DEデミオパーツ特集

★DEデミオのパーツ(AutoExeやHKS関西)買うなら、ここが最安値です★

■ クリックしてちょ!

FC2ブログランキング

■ DEお奨めアイテム!

ヘリカルコイル内蔵により量産品同等の感度を確保。 ・仕様:M5×0.8 L=80mm

■AutoExe ヘリカルショートアンテナ定価 3,990円
楽天市場ではちょっぴり安い。 カー用品ワッツ 特別価格 3,800円 (税込)

■ HMV

♪300万曲試聴無料♪

■ CAR MATE

アウトドア&フィッシング ナチュラム アウトドア&フィッシング ナチュラム

■ 自転車パーツやウエアなら

こだわりのサイクルグッズを揃えるならセレクトイット!!サイクリストのためのアイテムが満載

■ 楽天市場

先ずは楽天でプライス比較

■ A8.net

■ クルマ売るならガリバー

■ 自動車保険が安い!

■ クルマを1円でも高く売ろう

下取りする前に比較は絶対です。

■ 楽天市場のおすすめ

■ カー用品はオートバックス

オートバックスドットコム

■ ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

■ ブロとも一覧


■ MENU

スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
【--/--/-- --:--】 | スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-) | page top↑
デミオから次期クルマを考える。
新型のアクセラが先月発表されましたね。
実は「顔」が僕的にはツボで一気にデミオから乗り換えたい衝動に駆られました...

一昨年デミオスポーツに試乗して5分後には買ってしまった衝動買い、から少し大人になろうと、一旦冷静なクルマ選びを楽しもうと毎週末あちこちのクルマを試乗しまくり。

先ずはBMW320iツーリング。
非常に良くできた機械への進化で、文句なしの足回り、シャシー全体のスタビリティを感じますね。
でも、以前のような「駆け抜ける歓び」は何処へ???
で新型のZ4!
デザインは相当格好良いです。もう、大好きなクラシックなフォルムで内装も最高に素敵。
早速2.5に試乗。
出だしから思い切り踏み込む。ぶん廻す!
タコメーターは綺麗にレッドまで回ります。でも、抑揚感が皆無です。
実際の速度はかなり出てるのでしょうけど、レスポンスの良さとか気持ちよさは感じられないのです。
これならオープンスポーツで有る必要はないんじゃないの?セダンなら良いけどさ。
オープンスポーツなら、もっと刺激的でエモーショナルな走りが欲しい。
家路に向かうデミオスポルトがカミソリレスポンスに感じました。

で、更にホンダ・インサイト。
デザイン的には結構好きなライン。
1.4リッターのガソリンエンジンをモーターがアシストするハイブリッドシステム。
だから、走っているときは基本的にエンジンもモーターも一緒に動いています。
走らせると、普通のガソリンエンジンと同じように走ります。エンジンの音も普通に元気よく聞こえてきます。
で、想像以上に速いです。トルク感は充分にあります。これがハイブリッドカー?
と思える普通のクルマの走りです。
で、燃費計を見ると10km/l でやんの。坂道とかアクセルを強く踏み込むとエンジンが頑張るから燃費は悪くなります。平地をテレ~~~っと走るとモーター君のアシストが効いて燃費が向上します。

プリウスとインサイトの試乗記事があって、高速道路だと双方ともリッター28km行きます。湘南の渋滞で双方ともリッター22km。
で、箱根の上りをガンガンにアクセル踏みまくりで行くと....
何とリッター6km...呆れますね~。
ハイブリッドカーはアクセルをガツンと踏んではいけません。出来るだけゆる~~~く走ってあげることですね。
っちゅーことでゆるーく走ると燃費計は20km/lを指します。

でもね、僕の近所は山坂だらけなので、平均燃費は18kmから20kmらしいです。
なんだよ。

で、インサイトの欠点は写真のようにスピードメーターが独立して上にあります。これが大問題ですよ!ハンドルを上にチルトするとスピードメーターと被ります。全然見えません。
僕の身長でハンドル下部に膝が当たらないようにハンドルを上にずらすんだけど、このセッティングでは全く見えない。考えてメーター配置しろよ!
担当者に言ったら、ハンドルは下げてご利用になれば...だと。
最も重要なドライビングポジションを取るなっちゅーことかよ。

1199143018_156.jpg

で、次はTOYOTA プリウス。
先ず販売員が気持ちいいね!元気が良くって清々しい。
HONDAの見積もりは何故か20分掛かったけど、TOYOTAは5分ででやがった。
恐るべしTOYOTAマン。もう、乗りが良いので即試乗。どこ走っても良いですよ!と言うので家まで乗ってガレージに入れたりあちこち走ったり。

インサイトよりも全然剛性感があります。格が一段上です。
オマケに低速ではエンジンは全く動かずモーター君だけなので音もせずス~~~ッと動きます。
でも、ひとたびアクセルを踏み込むとグワ~~~ッと加速します。
これも速いです!
2400ccガソリンエンジン並の加速といううたい文句は嘘じゃない。
ホント充分に加速する。トルク感もインサイトよりも上。
とにかく安定感、守られ感が強いです。これ良いです。

ただ、これまたインテリアにデメリットが衝撃
センターコンソールがズバーッと斜めにせり上がりながら肘掛けと連動しています。つまり、運転席と助手席の間にパーテーションを付けて居るんですね。

1199143018_178.jpg

これじゃ、助手席から運転席に移動できないじゃん。
「デザイン優先ですから」とか言うんだけど...こう言うところで変なデザインしないで、もっとデザインしなきゃいけないところあるじゃん!

でも、個人的には相当気に入りました。プリウス、まじで面白いですよ。
アクセルOFFするとキュイ~~~ン鳴きながら、なんか充電しはじめてるし。
屋根のソーラーパネルが、室内の空気入れ替えファンモーターを作動させ、夏場の車内の熱い空気を外に排出してくれるから、いつ乗ってもある程度は涼しいらしい。
エコチャレンジとかゲームっぽくて結構面白いです。
走りは普通のガソリンエンジンと遜色ないけど、プリウスが微妙に未来感を感じさせる走りを漂わせています。

マジで契約しそうになりました。でも、あまりに売れていて納車は年明けだとか。
え~!半年後??? 今契約して、気が変わったらどうすんのかな?
スポンサーサイト

テーマ:車関係なんでも - ジャンル:車・バイク

白いアルファスパイダーの呪縛
今日はクリスマスイヴなんだけど、何を思ったか急にアルファスパイダーが欲しくなったのです。
昔乗っていた白いアルファスパイダー・ヴェローチェ1台と白いアルファスパイダー・ツインスパークを2台も在庫を持つお店が八王子にあったのです。

以前から、白ツインスパーク1台の在庫は知っていたけれど、これは元々は赤のボディをヌヴォラ・ビアンコ(パールホワイト)に全塗装したもの。

916_blog1.jpg

しかし、今日何気なくWEBを見ていたらツインスパーク純正白と、ヴェローチェの純正白が入荷している。
ヴェローチェの白は日本国内には20台位で、僕が乗っていて、手放した個体は偶然ヤフオクで発見。画面で3年振りに再会...しかし、事故でフロントを大破し部品取りとしての出品、これは非常に悲しかった。

blog_11.jpg

今度のツインスパークはもしや俺が乗っていた個体か?
同じベージュのレザーシートにベージュの幌だ。
この白ボディにベージュシートにベージュの幌は、日本国内で8台か9台?しか輸入されていない個体。

blog916_2.jpg

日本に輸入されるファーストロットのみで、並行輸入するにもこの組み合わせは本国でもカタログ落ちしていたのです。
白いボディに黒いシートも10台くらいしかいない。

いてもたってもいられない状態になったので早速中央道で八王子へ。

実際にご対面すると全くの同じ組み合わせだけど、どうやら別の個体?

実際にご対面すると全くの同じ組み合わせだけど、どうやら別の個体?いやどうだろ...見た限りでは不明。
整備手帳とかで照合する必要ほどでもない。
元俺の愛車なのか?だからどうした。どうでも良い話。
とにかく白いスパイダーが好きなんです。

もう一台のヌヴォラ・ビアンコのツインスパークに試乗してみる。
57,000Kmなのに結構しっかりしてる。
え?スパイダーってこんなにしっかりしてたっけか?
取りあえず暖気も終わりアクセルを踏み込みサウンドを楽しむ。
あ~
やっぱりアルファの4発は良いわ~...この5,000rpmからの鳴き声が堪らない!!
V6の甘い高音とは違う、kuwooooooaaahhh!!と鳴く若々しい叫び声のようなサウンド。
踏んだ瞬間に反応するエンジンサウンドとアクセルを抜いた瞬間の官能的な吐息にも似た感覚は、やはり他には替えがたい魅力がある。

やっぱりアルファスパイダーって良いわ。

アルファスパイダーから降りた人はみな心に耳に身体に残っているはずの、あの独特の感覚。
だから、また乗りたい車の筆頭なんですよね...。
殆どみんな言うよね、また乗りたいって。

ッちゅー事で来年また買う方向で考え始めました。
デミオとスパイダーで交互に遊ぼうと。
僕にとっての「車」はあくまでも嗜好品であってオモチャみたいなモノなので、機能や利便性は大した魅力ではありません。

新型のスパイダーではないのです。あれはあれでもの凄く素敵だとは思うのですが、近代化されすぎたドイツ車のような感覚は、僕の好きなアルファの味ではありません。
やはりエンリコ・フミアがデザインしたボディに自分で演奏できる様なアナログ満点のツインスパークが僕には相性が良いようです。

音は最高なのにそんなには速くない....でも、その気になるとそこそこ。
何よりも運転していて楽しい、これに尽きる。
今までいろいろな車に乗ってきたけれどやっぱりアルファスパイダーを超える車には出会っていない。

他の元スパイダー乗りはどう思うか?
スパイダーのチームで最も先にスパイダーを降りて、ここに来てまた最初に復縁をする事になるのかな?
また、みんなでスパイダーに乗り箱根や伊豆を走りたいものです。

テーマ:AlfaRomeo - ジャンル:車・バイク

プントにスニーカー
482954111_242.jpg punt.jpg

昨日はアルファのオイル交換を。
ここのところ100%化学合成オイルを入れてたら案の定、漏れが酷い
やはり鉱物系のオイルじゃないとダメかな?

ッちゅー事でいつものタイア館行ったところ、数量限定セール品を発見。
Gulf ベイシス 5W-30W SM 4Lで 2,380円!
6L購入しますた。

まじで!安!
5W-30W...しょぼい...上がダメ。せめて40wは欲しい
ま、最近飛ばさないし、無茶な走りもしないし..
でもGulfはベースオイルとしては最高だしな~
ネバネバの絡みつき系OILだし
まぁ良いか、と。
序でにWAKO'Sのシール剤も添加。これで、漏れの様子を見てみましょう。

鉱物油、粒子は粗いし良いかもですね
確かにレスポンスはちょっと落ちる。
でも、これはシール剤が落ち着くまでだから、それまでは硬い。
暫くしたら良い感じになるかもですね。


で、今日プントに乗って、タイアを見たら結構山が減ってる。

スニーカー感覚のプントは故障知らずの「出来すぎ君」なので、
殆どほったらかしでしたが、タイアを新調(初めてのタイア交換)してあげることにしました。
序でにオイルも換えたげよう。

連チャンでタイア館に行くことに。
フィアット指定のオイルは15W-40W 100%化学合成のSELENIA推奨。
・・・生意気に。

アルファロメオのV6は基本設計が旧いので、敢えて鉱物系の方が良いかも知れないんだけど、プントは最近のクルマで新設計だからね。
でも高いの入れるの面倒だし勿体ない!
昨日アルファに入れたのと同じ鉱物系入れちゃえ!
ってんでアルファと同じGulfです。

そして、タイアはブリジストンのSneaker SKN-2
ランク的にはブリジストンの最廉価?いわゆるスタンダードモデル。

サイドウオールが柔らかいので、多少高速ではビシッと感が無いけど
街中では非常にソフトで快適くん。
かといって、ブヨンブヨンではありません。

極めて静か、アタリが柔らいのでスニーカー替わりのプントくんにはこれで充分「有り」ですね。
別に頑張ってコーナー踏ん張らせるような走りをする気は、全くないし。

こいつ対摩耗性、ウエット路面では相当良いらしい。
高速も滅多に乗らない「そこらへん・スペシャル」として活躍するほったらかしプントには相性良さそうですね。

テーマ:フィアット車 - ジャンル:車・バイク

ダッジが来る!6月が待ち遠しいっす。
ダッジが日本にやってきた。
とはいえ、実車が来るのは6月から。
とっても楽しみです。

日本導入は4車種のみだけどどれも個性的なクルマ達。

■ チャージャーSRT8
■ ナイトロ
■ アベンジャー
■ キャリバー

crsm0000000000-2.jpg

う~ん、チャージャーがSRT8だけってのが非常に残念!
だって、6.1L HEMIエンジンを搭載し、最高出力431ps・・・
税金も燃費も半端じゃないよ。
僕的には5.8L HEMIのデイトナR/Tが一番興味があるので。

crsm0000000000.jpg
でも、ナイトロも格好良いんだよね~、この戦車みたいな感じが堪りません。こいつは3.7L V6だけかな?5.8L HEMIのR/Tは入らないのでしょうか?

000045667.jpg
アベンジャーも実車は絶対に格好良いんだろうね。チャージャーの弟分みたいな感じだけど日本で乗るには丁度良いサイズかもね。

crsm0000000000-1.jpg
キャリバーは小型SUVでゴルフとかプジョー307アタリと競合らしいけど、そんなに小さいのか?
エンジンは三菱とヒュンダイとクライスラーとの共同開発らしいけど、ほぼ三菱のエンジンと考えて良いかもしれないね。

しかし、やっぱり一番期待したいのは
チャレンジャー!未だ、アメリカ本国ですらこの形で販売されるか決定はしていないけど、このまんまで発売して欲しいモノです。
僕的に今、一番格好良いクルマの一つだと思います。
crsm0000000001.jpg


それから、デーモン!こりゃあ理想的なサイズだしFR。
走りがどうか、未知だけどスタイルだけで「買い」でしょう。
05.jpg03.jpg

テーマ:車選び - ジャンル:車・バイク

アルファ159の魅力
159.jpgalfa159_1_s.jpgalfa159_4_s.jpg

アルファ159について、様々な論評が飛び交っていますね。
 昔からのアルファロメオ好きからは、あまり評判が宜しくない。
そんな僕も「宜しくない・要らない」と勝手な感想を述べた一人です。

アルファロメオは今までの法則から、何か変わった事をすると必ずこう言った論評を引き起こしますね。
FFの、FIATエンジンなんて、もうアルファロメオではない・・・
アルファは75までのFRこそ・・・ 105系までだ・・・
あげく戦後アルファは一般のクルマに成り下がった・・・
時代時代によって語られたようです。 そして今、159はやっぱりいろんな事言われてる訳ですね。
でも、159はアルファロメオが手抜き無しで作った、現在のアルファで有ることには誰も疑う余地はありません。
 性能、ユーティリティが良くなったのは言うまでもありませんが、デザインだって相当素晴らしいです。
この159の性能についてですが、ハンドリングのフィールは格段に良くなっています。
 相変わらずハンドル切る前から曲がっていくような、クイックな切れ込みは健在です。
 エンジンフィールは、2.2JTSでも今までの2.5V6よりもトルクフルです。
 下から充分なトルクが沸いてきて、高回転域でもキッチリとトルクが抜けずに廻ってくれます。
 問題は、このエンジンの廻り方にドラマチックな官能性が感じられないこと。
サウンドの演出がかなり減少してしまったところ・・・
実際に良く廻るのですが、ある回転域から勢いづいたり、上昇感と共にサウンドがどんどん色っぽくなってときめくレッドゾーンへ!
の、様なフィーリングは感じられないのです。モーター的に廻るのです。

実際のタイムではなく、廻ってる!スポーティ!気持ち良い!
というのは
● 目で認識するタコメーターの針の動き
● フロントからサイドウインドウへ溶けていくように流れる風景
● これらと同調するサウンドとヴァイヴレイション

この3つが揃って初めてドライバーを「官能」の世界に連れて行ってくれる...と僕は思っているのです。

159はこの感覚的なサウンドとヴァイヴレイションが感じられにくいのです。
 つまり「静かな空間」の演出な訳ですね。
でも、あらゆる国のクルマは総じて、この方向性にベクトルが向いているのは当然でしょうね。
 だって、セダンなんですから。
 弾けたければクーペに乗れ!と。

アルファロメオは「セダンなのに!」と言うクルマ作りばかりしてきました。
スポーツセダンというジャンル、GTと言うネーミングを開発したのです。 昔からレーシングエンジンにしか使われなかった オールアルミ製DOHCエンジン、4輪ディスクブレーキ、前後バランスを良くするためにミッションをデフ側に引っ付けるトランスアクスルなんて...

こんな事するのは、スポーツカー代表のフェラーリとポルシェのFRだけです。
 アルファロメオはセダンなのにこんな事してたのです。

過去、アルファロメオはフェラーリを凌ぐ超絶最上級のプレミアムブランドとして君臨していましたが、今またその名声を少しでも吹き返そうとしているのではないでしょうか?

総合的に誰からも認められるメーカーに一旦戻ろうと。
売れないと、やりたいことに限界が出る。
 それで、昔からのファンから不満が吹き出るのは仕方がない部分もある。
 これからが本領発揮になれるスタートなのかな?とも思えるのです。

じゃぁ、159で行こう!! ともならないのです。
 あくまで個人の好みですから。
クルマに何を求めているか?で個人の好みは大きく変わります。
 良いクルマか、悪いクルマか?とは全く異なるのが好みです。 駄目さ故愛する、って事もあるし、希少だから、オマージュがあるから...
千差万別 いろんな理由から好きな車が決まってきます。

僕自身イタリアのクルマが好きで、アルファロメオは
veloce.jpg ヴェローチェ・スパイダー  
spider.jpg  TSスパイダー
 alfa155.jpg155V6
 punt.jpgフィアットはプントHLX
 MASERATTI.jpg マセラティは430
 delta.jpgランチアはデルタインテグラーレ

と乗ってきて 155のV6エンジンに魅せられ、今までのクルマの中で最も好きなクルマです。
だから、300,000キロまで乗ろうかとも思うのです。

全塗装、フル初期化は済んでいるので、 見た目と動力性能は申し分なし。
これからは、排気系エキマニからエンドまでフルチタンへ進化、内装関連の貼り替え・・・ とお金を掛けてしまうのですね。

好きな車の条件は
● スピードがすんごく速い必要なし。  
 そこそこのスピードで、タコメーターの針が勢いよく回れば良い
● 鬼のように頑張るコーナーリング向きの足回りは嫌い。
● 斬新で誰もが振り返るデザインである必要なし。
● サウンドとヴァイヴレイションは好みのモノでなければならない。

って、難しいよね。 駄目じゃんね。 明確なのは、サウンドとヴァイヴレイションだけか!
じゃあ四の五の言わずにフェラーリ買うしかないね! と、突っ込まれそうですが

金がねえんだよ....。

テーマ:AlfaRomeo - ジャンル:車・バイク

フィアット500チンクエチェント最高に素敵です
img4_20070323_01325171_4_l.jpg img4_20070323_01325171_1_l.jpg

チンクエチェントも発売するぞ!
これ日本円で150万円以内らしい。期待株ですね~。
アルファ159を真剣に買おうと思ってたけど「待った!」を掛けるクルマが矢継ぎ早に出る。
プントアバルトにこのチンクエチェント。
こんな内装見たらときめくでしょ!

今のプントHLXは売る気無いけど、これはこれで欲しい...
コレクションしたいと思わせる大きなおもちゃ、ですね。
しっかし美しい....。

テーマ:イタ車 - ジャンル:車・バイク

アバルトの復活!
u3eqp30000089qap.jpg


フィアットのグランデプントにとうとうアバルトが出やがります!
ノーマルのグランデプントでもかなり可愛いのに、泣く子も黙るABARTHチューンがもうすぐ発売ですよ!
チンクエチェントも発売されるし、最近のフィアットはもう、てんやわんやですよ。

u3eqp30000089q9v.jpg


しかし、粋なクルマだ。流石としか言いようがありません。
単なる小型車をイタリア人がデザインするとこんなになっちゃう。

おまけに1.4リッターエンジンにターボひっつけるんだから、絶対に楽しいに決まってる。
しみじみと粋だ。

以下はcar viewより一部転載です。

搭載されるエンジンは、1.4リッター直列4気筒+ターボチャージャー。最大出力は150馬力を発生する。
さらに、別に発売されるブースターキットを組み込むことで、最大出力を180馬力まで高めることも可能。
エクステリアは専用デザインの前後バンパーやワイド化されたフェンダーなどが装着されてスポーティな佇まいとなっているほか、グリル中央に配されるエンブレムは“FIAT”ではなく、“Abarth”となるのもポイント。欧州での発売は2007年9月を予定している。

テーマ:フィアット車 - ジャンル:車・バイク

ピニンファリナが好きだ!


僕が敬愛してやまないカロッツェリア、ピニンファリナの本!
これはアルファロメオ、フェラーリを愛する方なら同感してくれる方も多いはず。
ピニンファリナの制作作品はウィキペディアに結構乗ってますね。

僕はピニンファリナのデザインした車に惚れ、今まで3代乗ってきた。
ジャガーXJ6 Srs4 、アルファロメオ・スパイダー・ヴェローチェ、アルファロメオ・アルファスパイダーTSと...
スニーカーもFILAのピニンファリナモデルも当然購入。
CASIO G-SHOCK Pinifarinaも色違いで2個購入。
できればシステムキッチンもドアノブも電卓もピニンファリナ・デザインで埋め尽くしたい...
とまでは思いませんが。

つい、数年前までのクリエイティブディレクターは日本人である奥山清行さんがいましたね。
僕にとって、奥山さんは最も尊敬する日本人の一人です。
一昨年は奥山さんの「デザインとはなんぞや...」みたいなセミナーにも行ってきましたが、もう総てが目から鱗。
思想、信念だけではなく「ブランディング」とは何か?に関するお話しは痺れまくりました。
イタリアって凄い!と痛感させられたと同時に日本も同じ職人文化を守るべき!と痛感した次第。

 その流れから彼は故郷の山形の木工を世界に発信すべく 「山形カロッツェリアプロジェクト」や「山形工房」立ち上げたんですね。
素晴らしい木工製品の数々...是非とも欲しい...。


で、上の写真にある本はピニンファリナに興味のある人にはマジにお奨めです。
奥山清行さんも出てきます。
 ピニンファリナ・オタクの僕としては当然のことですが書籍も他にも持っていますがイタリア語と英語版ばかり。
これは日本語でDVDまでついている。



icon
icon

そして、この本が奥山さんの最新の著作、フェラーリと鉄瓶icon
世界中からその才能を求められる日本人デザイナーが、自身の考えるデザインの在り方を通して、「最高の価値」を生み出す方法を語る。 だってさ...日本人頑張れ!

テーマ:イタ車 - ジャンル:車・バイク

待たせるなダッジ!
07demon003.jpg

ようやくダッジが日本導入決定だ~!
本当に遅かったね...ダッジ・ジャパン設立。
アメリカのブランドでは最も個性的で、モータースポーツにも欠かせないメーカであるダッジ。
個性的すぎて日本じゃ売れんじゃろうと見切られていたようにも感じるけれど...
んなこたぁどうでも良くてよ!
とにかく歓迎すべきでしょう。
ただ、どんな車種が入るのでしょう?
僕としては発売か否かで騒がれている小型2シーターオープンの
ダッジ・デーモン!これは格好良い...本当に素敵なオープン。
ジュネーブモーターショーの動画写真も素敵。


CHARENGER.jpg
それから、ダッジ・チャレンジャー!これぞマッスルカーだ!
子供の頃持ってたミニカーのオマージュがてんこ盛りなレトロフューチャーだぞ。
ピクサーのCARSの世界だ。


NITRO.jpg次はチャージャーの新色ナイトロですね~。
4WDは今まで考えたこともなかったけど、ナイトロはまじで格好良い。


そろそろダッジの日本デビューだ。
取扱車種のお披露目が近そうなので期待に胸膨らみます。



ピクサーアニメのカーズは大人が充分に楽しめる。
未だ見ていない人は必見です。アメリカ車好きじゃない人も平気。



タワーレコードでオンラインセール価格¥2,789(税込)
今なら¥571(税込)OFF!



ここは業界最安値で¥2,486- (税込) 26%OFF !

Amazonは25% OFFの¥2,555
カーズ カーズ
ラリー・ザ・ケーブル・ガイ、トニー・シャルーブ 他 (2006/11/08)
ブエナ・ビスタ・ホーム・エンターテイメント

この商品の詳細を見る


テーマ:アメ車 - ジャンル:車・バイク

マスタングコンバーチブルはどうだ!
356640761_217.jpg

試乗した日は良い天気でしたね~。そうですオープンカー日和です!
と言う訳で、友人のアルファロメオのalfaスパイダー3.0 V6にてドライビング!
久しぶりのスパイダー、やはり最高です。絶品です。言うこと有りません!
また欲しくなってきましたね~。

でもって、スパイダーに乗ってフォードのディーラーを通りかかったらば、
マスタングのコンバーチブル
の試乗車発見!

乗らずにおれるか!

即お願い。

で、駐車場からスタートして道路に出ます。で、直線。
即アクセルべた踏みの全開加速テスト。
4600ccのアメリカンV8です。さぞや楽しませてくれることでしょう!

アクセルを床に着くまで踏み込みました。
で、僕は思わずこう叫びました。
「おっせーーーー!」
想像していたよりは遅いんです。
だって、トルクの固まりでアクセルどんと踏めばキョキョキョ!とホイールスピンするのかと...


イメージ先行が強すぎたかも。
アクセル踏んで、一瞬「溜」があって、少し間をおいてから加速します。
その加速がメチャクチャぬるいんです。
要はこれが味わいなのでしょう。
良くも悪くも、これがマスタングの個性。

挙動は極めてマイルドなテイスト。
高速や直線の道路をサーーーーーと流すタイプですね。

サウンドは「ズモモモオオオオオオオーーーー」って。
野太いですね。

もう、ヨーロッパや国産のスポーツカーと比べてはいけません。
アメ車です。
昔のアメ車の良いところ悪いところを敢えて継承してますわ。
これは確信犯です。

これで5,800,000円だから、乗りだしなら、6,300,000円は掛かりそう。

同じアメ車でもダッジチャージャーとは全く異なります。
ぬるいです。

自分の趣味性とは、あまりにかけ離れているので
次期愛車候補から真っ先に消えました。

スタイルは素晴らしく良いんだけどね...
4人が乗れるオープンカーでは世界一格好良いよ、文句なしに格好良い。

クルマ関係のの本、DVDならリンドバーグが有名。
って、唐突だけどアフェリエイトやってるのでご了承。
環八田園調布近くにある老舗。
僕は一時入り浸りリンドバーグクレジットカードまで作ったけ。
とにかく、品揃えは半端じゃない!無いモノはない!って、くらい。
興味のあるクルマの関連書籍や整備書もここで揃えています。
僕がクルマ博士と言われる所以もここのおかげか?
因みにロゴはPininfarinaのパクリです...そこがまた粋だ~ね。

 

言わずと知れた日本一の中古車検索サイト!
とにかく全国津々浦々まで、欲しクルマが探せる!
いくら位するのかな?自分の車はいくらで売ってるんだろう?なんて時には超便利。

テーマ:試乗してきたぞ! - ジャンル:車・バイク

■ プロフィール

169

Author:169
出身:東京都世田谷区砧
生年:昭和39年生まれの辰年 漢
仕事:ブランド関連のプランナー
趣味:ガキの頃からクルマオタク。好きな車の定義は運転して楽しいクルマ、デザインがワンダホーじゃないとダメ。

■ メッセージをく~ださ~い

内緒話・ご意見・ご質問はここから・ね!
でもいたずらはイヤずら。

■ FC2カウンター

■ 最近の記事

■ リンク

このブログをリンクに追加する

■イタリア自動車雑貨店

■NANIWAYA

■La Strada

■ 最近のコメント

■ 月別アーカイブ

■ RSSフィード

■ ブログ内検索

■ フルオーダー家具の資料が無料でもらえる

フルオーダーの収納家具のカタログはここで無料でもらえます。FOGAのシステム収納がなぜ選ばれるのか? その答えが分かる、資料を無料で進呈!

北欧生まれのオーダー家具 高いデザイン性の家具でありながら、使い易さ「完全自由設計」 普通の家具では我慢できないあなたのシステム収納家具。

■ 保険はしっかり

■ 保険のマンモス

■ 最近のトラックバック

■ Analiayzer

アクセス解析

アクセス解析

■ FC2ブログランキング

FC2ブログランキング


copyright 2005-2007 169の人生ワンダホー all rights reserved. powered by FC2ブログ. designed by マンション購入記
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。